コーディング代行を利用する際の注意点

自社のWEBサイトをコーディング代行に依頼する際、気を付けるべき点として、コーディングだけを行う状態にしておくことです。デザインは全て完成させておくことで、トラブルを避けることができ、スムーズな作業が行えます。ただ、それでもデザイン修正が入ることがありますので、そこは確認をしていきましょう。

また1ページの長さがどれくらいまで対応できるのかも、確認作業が必要な点です。コーディング代行業者により、1ページの定義が違うことがあるからです。そのため、追加料金が発生することもあります。他にも、ページごとの料金と別で、基本料金が設定されていることもあります。この点も予め確認しておきましょう。

WEBサイトを運営していると、急な変更や更新で急ぐ場合があります。こういったとき、特急料金が加算されることがありますので、この点も注意しましょう。そして打ち合わせ方法やブラウザのバージョンなどの確認も忘れてはいけません。また、最終的な納品方法など、コーディング代行を利用するには、こまかなところまで念入りな確認と把握が必要です。コーディング代行サービスはとても便利ですが、業者とは充分なコミュニケーションを取り、トラブルのない関係を築くことがポイントです。